人見知り・緊張しやすい方でも、いつもの力を発揮できる方法

今、北京で世界陸上が開催されていますが
観てる方いらっしゃいますか??

今日のお話は
一流のプロスポーツ選手などが、
本番や勝負どころで行う「儀式」のような行動
↓↓
プリ・パフォーマンス・ルーティーンのお話しです。

stopwatch-259375_1280

今回の世界陸上でも注目の
ウサイン・ボルト選手の「弓を引くようなポーズ」

体操で人気の内村航平選手の
「両手を肩の高さに挙げるしぐさ」
プリ・パフォーマンス・ルーティンです。

フィギュアスケートの選手たちも
演技の前に、いつも同じ動作をしますよね。

プリ・パフォーマンス・ルーティーンを
する理由…というか効果なんですが

 直前にイメージを鮮明にするため
 文字通りゲンかつぎ
 気持ちを落ち着かせるため
 気合いをいれるため

 普段通りの力を発揮できるように

などなど、様々な意味があります。

track-441242_1280

ちょっと難しい話になってしまいますが
もう少し詳しく説明しますね。

人間の脳には、
普段と同様の行動や思考を繰り返したいという

一貫性の本能があるそうです。

「いつもの流れ」が乱されると
脳が混乱して働きが鈍ったり、
過剰に反応して神経伝達物質の分泌に影響したり…と

普段通りの力を発揮することが
難しくなってしまいます。

 

そんな時に役に立つのが
このプリ・パフォーマンス・ルーティン

valentine-candy-626447_1280

例えば…

お客様にお会いする前に
フレグランスウォーターを
シュッとしてから目を閉じて深呼吸。
↓↓
息を吐ききったら目を開けて
笑顔を作ってからお客様のもとへ…。 

みたいな感じで
いつも接客前にするパターンを作ると
人見知りの方や緊張しやすい方には効果的です。

気分のアップダウンが
激しい方にもオススメですよ

あなた独自の
プリ・パフォーマンス・ルーティンで
いつも通りの良いパフォーマンスができますように

 最後まで読んでくださってありがとうございました 

++++++++++++++++++++

やみつき性感アドバイザー☆あかね
この記事をシェアする
Share on FacebookGoogle+Tweet about this on Twitter