視線と言葉を上手く使ってドキドキさせながらジラしちゃおう!

 

M性感歴8年目に入りました!

現役痴女&講師のあかねです。

 

今日はジラシについての説明。

前回の続きです☆

 

前回の記事はコチラ

URL「じらし」ってどうやるの?

 

coffee-1047075_1280

 

<焦らしのテクニック>

 

★ とにかくゆっくり動く ★

ゆっくり動くことで、
お客様に想像する時間を与えます。
そして、「早く~して欲しい」と
期待させることができます。

 


★ 視線の使い方を工夫する ★

お客様は、
「女の子が見ている所
=次にやってもらえる所」
と思うものです。

チラッと見てたけどスルー…
みたいな焦らし方もできます。


例えば、乳首舐めを焦らす時、
乳首を見ながら
顔を近づけていって、

舐めてくれるかなぁって
お客様が思った瞬間に、
顔を上げてお客様を見つめる…。

お客様は期待を裏切られた瞬間に、
女の子の笑顔にキュンとするので、
効果絶大です。

 


★ 言葉で想像させる ★

「次は~しちゃおっかなぁ?」と
話しかけながら、でも実際はしない…
みたいなイジワルも焦らしになります。


例えば、乳首を触りながら
「コリコリして美味しそうな乳首だね♪
どんな味がするのかな?」
なんて言いながら顔を近づけていくと、

お客様は勝手に
「舐めてもらえる」
っていう想像をしますよね?


でも舐めずにニコッと微笑みながら
「○○くんは、右と左、
どっちの方が感じちゃう?」
って聞いてみたり、


「やっぱり先にこっちから
イジっちゃおうかなぁ♪」って言って
他の場所を触ってみるのも効果的です。

 


 

ちょっと小悪魔的に

イタズラっぽい笑みを浮かべながら

お客様を焦らしてみてください。

 

普段はお声を出さないクールな方も

可愛くおねだりしてくれるかもしれませんよ♪

 

 


++++++++++++++++++++

 

やみつき性感アドバイザー☆あかね

 

 


 

この記事をシェアする
Share on FacebookGoogle+Tweet about this on Twitter